養命酒 不妊 妊娠

妊娠中妊婦さんが養命酒を飲んでも良いのかどうか?という疑問も多いかと思います。
結論から言いますと、医師か薬剤師に相談するのが一番良いです。
といいますのは、薬用養命酒にはアルコール分が14%含まれていますから授乳中のアルコール摂取については相談する必要があるからです。

スポンサードリンク

飲んでも良いと医師が言えば、その飲む時間が「いつ」なのか?また、「容量」などもしっかり聞いて控えておきましょう。養命酒は酒ではありませんが、前述しましたがアルコール分が14%含まれています。例えば料理に使う料理酒はお酒ですよね。

ですから、料理に養命酒を使うことも可能ですので、それらも薬剤師か医師にご自身の症状にも合わせ、良く聞くと良いでしょう。

妊娠中は「冷え」に対し、普段以上に気を付けたい気持ちから、冷え性の方が養命酒を飲みたいという気持ちもわかりますが、もし、医者がダメだと言えば、他の方法で冷え性を克服しても良いでしょう。例えば最近では血流を良くする為に妊婦登山などを行っていらっしゃる方もいます。

妊婦登山の場合は、マイナスイオンタップリ体に供給出来ますし、おなかや腰付近の血流も良くなり、体力に自信のある方は冷え性の解消にもなりますし、良い思い出にもなりますのでおすすめです。
参考:http://www.etiezou.com/ninnputozann/
ただ、この場合も助産婦さんなど付き添いの上、同行してくれる病院がありますので、しっかりとした指導の下で、そのようなところを利用すれば安心でしょう。

スポンサードリンク

また就寝時は遠赤外線入りの下着にしたり、薄手の腹巻きをしたり、お風呂には湯冷めが少なくなる入浴剤やアロマ系(アロマセラピーアソシエイツ)
http://aromatherapyassociates.biyou24.com/ 等の安全な入浴剤などを使用しても良いでしょう。保温グッズも多くありますのでそのようなものも利用しましょう。温泉やサウナはもちろんやめましょう。

ものすごく冷え性の方は、足湯や簡単なマッサージ、ツボ押しなども効果がありますのでそれらも合わせて実践すると効果があります。

養命酒と少し話がそれてしまっていますが、ついでに妊娠中の食べ物ですが、「塩分」」は控えめにしましょう。この理由は塩分を取りすぎますと、足がむくんだりする場合がありますし、塩分の取りすぎで妊娠中毒症になる方もいらっしゃるからです。尚、妊娠中の精神的な安定には前述のアロマなどもおすすめです。

話は養命酒に戻りますが、不妊治療の為に養命酒を飲まれる方もいます。
産婦人科に行きますとカウフマン療法をしたりします。カウフマン療法とは、生理がまともに来なかったり、無月経の状態が続いている場合や、不正出血が続いている場合などに行う療法です。
この療法は卵胞ホルモンや、黄体ホルモンを投与するという療法です。

しかし中々効果が現れない方もいらっしゃることから、漢方医に行ったり、精子の運動係数をあげる為に養命酒を飲まれる方が多いということです。ブログや掲示板などを読んでいますと、このように色々な方法を試行錯誤しながら最終的に妊娠する方もいらっしゃるようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

養命酒:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/youmeisyu-kouka/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。