ウコンの効能・効用・効果力についての解説。沖縄の生ウコン、春秋ウコン・紅ウコン・黒ウコンなども通販で人気ですが、自分で植え方や栽培方法を研究し育てて収穫いらっしゃる方もいます。また、ウコンの調理(料理)、食べ方、レシピなども様々です。 ところでハウス食品「ウコンの力」のCMで山崎まさよしさんが、福耳メンバーの杏子さん、元ちとせさんとCM初共演しますが、「ウコンバー」は今年の流行語になるでしょうか?ちなみにCMのテーマ曲は山崎さんの新曲「Heart of Winter/Greeting Melody」ですが、とにかく「ウコン」は健康に非常に良いですよ。

スポンサードリンク

ウコン効能

ウコンは、茶の飲み方や、ウコンの保存方法、酒、粉末、顆粒など、利用方法や加工方法も様々あります。簡単なサプリメントを摂取する方もいらっしゃいますし、日本ウコン産業や、沖縄ウコン堂、ハウス食品、沖縄発酵ウコン、屋久島ウコン、石垣ウコン、琉球ウコン、トリプルウコン、ウコン力(ちから)、DHCなどの健康食品などがあります。

ウコンは漢方薬として薬膳料理にも使われますので、そのこともあり、その成分はダイエットに利用される方もいますし、肝臓の強化、肝機能障害、滋養強壮、また2日酔いにも良いですのでカプセルや錠剤、て顆粒なども飲まれる方も多いのではないでしょうか。液体ドリンクなどもあります。

また、最近では、ウコンを利用した石鹸や、化粧品まであり、口コミでその話題も広がり、ウコンの人気は衰えることを知りませんね。余談ですが、ウコン桜は、ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来しています。

ウコンの効果、特に春ウコンについては糸川秀治(東京薬科大学)らによる解明により、科学的にもその効果があることが証明されています。最近の研究では、慢性C型肝炎を含む肝臓病やガン、糖尿病への効果に期待が寄せられています。その他、生理不順や動脈硬化、高血圧症、低血圧症、血中コレステロールの抑制作用、さらに体内の活性酸素を除去する抗酸化作用、髙脂血症の改善、など、多くの期待が寄せられています。

ウコンに関して、ウコン(秋ウコン)、キョウオウ(春ウコン)、ガジュツ(紫ウコン)を明確に識別できるよう、(財)日本健康栄養食品協会 http://www.jhnfa.org/ において、ウコンを対象にし、「ウコン食品規格基準」を定めています。日本健康栄養食品協会による、ウコン食品、及びウコン加工食品の規格基準の概要は、製品規格として、「ウコン及びクルクミン含有量は、それぞれ表示以上であること」と定めています。

ちなみに「クルクミン」とは、肝臓の解毒機能促進や、脂肪肝、肝炎、肝硬変、胆汁分泌促進、利尿、強心、抗出血、抗菌、抗潰瘍、のあることが知られています。また、便に水分を与える効能が便秘改善や痔疾の改善に効果を発揮し、血中コレステロールの抑制作用なども期待できます。

秋ウコンの効果・効能は、このウコンに含まれる「クルクミンの含有量」によって決まります。どんなものでも、飲みすぎは良くないものです。害があるということです。例えば、解りやすく説明しますと、「しょうゆ」や「ソース」「薬」を大量に飲んだら体に害がありますよね。ですから、「定められた容量を摂取する」、ということが健康に一番良いのです。

信頼のある機関、(財)日本健康栄養食品協会では、「ウコンの1日の摂取目安量」を「ウコンとして0.5g~5g」と定めています。これは繰り返しますが、「1日の摂取量」です。カプセルや粉末、サプリメント、生ウコンでも、自分に一番合った摂取の方法や製品をを選ぶと良いでしょう。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ウコン効能:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/ukonnkounou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。