大江戸温泉物語効能

大江戸温泉物語に限らず、日本全国の温泉には、その効果効能はうたわれています。例えば、神経痛や筋肉痛、冷え性、慢性皮膚病、またリウマチに良いとかです。大江戸温泉もその例外ではなく、温泉成分と、その効能をHP上でも明らかにしておりますので安心です。浴用の適応症としましては、上記に挙げました神経痛や筋肉痛のほか、関節痛五十肩や運動麻痺、慢性消化器病、うちみ、くじき、痔疾などにも良いようです。日本人は特に温泉が好きな人種です。ゆっくり体を休めて自然からのパワーを頂きたいものですね。

スポンサードリンク

前述しましたように、日本全国の温泉には、その効果効能がうたわれています。大江戸温泉に限りません。効果があると言われている鉱石や薬品などを入れて問題になった温泉もあるようですが、基本的に人工的にそのように施した温泉は、温泉法により、温泉とは言いません。

人工的に鉱石を入れますと、その鉱石から出る遠赤外線やマイナスイオンに効果効能があるとうたっているところがある、ということですね。しかしながら前述しましたように、そのような場合は温泉法で指定されたものではない、ということになります。

大江戸温泉の場合は泉質がナトリウム、塩化物強塩温泉(高張性・弱アルカリ性・温泉)になっていますし、もちろん大丈夫です。安心して入浴できますね。

全国には有名な温泉、また人気の温泉が数多くあります。
大江戸温泉物語はもちろん人気がありますが、その他で全国的にみますと、特に人気の高い温泉は下田温泉、また、大阪にある温泉でスパ・リゾートリバティなどがあります。

スパ・リゾートリバティは樹齢数千年のヒノキを使った総檜風呂がありますし、温水プールなどもあり家族連れなどでも賑わっています。

スポンサードリンク

さて、話を温泉の効能に戻します。

大江戸温泉物語の温泉の泉質や効能等につきましては前述させて頂きました。実際には上記で挙げさせて頂きました意外にも効能は多くあります。

私たち人間は、海から生まれて来たとかも言われますが、人間の体のうち、約70%は水分で出来ています。

この水分は私たちのエネルギーの一部にもなるのですが、常にこのエネルギーである水分を摂取、または吸収していく必要があります。人間と水とは切っても切れない関係である、ということですよね。

人間の体に水分を補給するには、直接摂取する方法は主になりますが、私たちは入浴した時にも体へ水分の補給を行うことができます。

その水分の補給の際に、やはり薬効がある温泉に入りたい、という方が多いのです。しかし、その温泉が人工の鉱石や薬品を投入していない自然のものが良い訳です。

ooedoonnsennodaiba2.jpg

天然の温泉成分は、その自然界の力により、私たち人間の自然治癒力を引き出してくれる補助をしてくれます。

昔から、自然界で野外にある温泉は、私たち人間だけでなく、多くの動物等も、キズや心を癒し続けています。自然等いうものは本当にありがたいものですよね。

温泉の泉質には、それぞれ違いがありまして、炭酸ガスの気泡が肌に付くのが特徴の二酸化炭素泉や、刺激が弱く病後の回復期や外傷あとの療養等に良い単純温泉があります。

また、皮膚の角質をやわらかくしてくれたりその他多くの働きがある炭酸水素塩泉、その他、硫酸塩泉や塩化物泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉など、本当に多くの泉質があります。

温泉だけに限らず、自然の力は、私たちの自然治癒力を引き出してくれるものとして、なくてはならないものであると共に、私たちを癒し続けてくれる、それらの恵みには、本当に感謝しても感謝しきれないものです。

それでは楽しい温泉旅行を満喫してくださいね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

大江戸温泉物語お台場:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/ooedoonnsennodaiba/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。