布ナプキンはフェリシモや白うさぎなどのオーガニックコットンの布ナプキンも有名ですが、その良さが口コミで広がっていますが、その一方で使い方や型紙での手作りでの作り方を探していらっしゃる方も多いです。今では布ナプキンの販売店や取扱店舗の通販で比較的に激安、送料無料で購入できたりしまし、サンプルのプレゼントなどもありますから手作りの時間がない方は、通販で比較しながら手に入れるのが一番簡単で早いでしょう。

スポンサードリンク

布ナプキン

紙ナプキンの場合は「かぶれ」の原因にもなりますがこの「布ナプキン」の場合はかぶれがなくなったという声や感想がやはり多く、使い捨てでなく、繰り返し洗剤で洗濯出来、地球環境にも良いですし、肌にも優しいことから現在ブログでの書き込みや、口コミなどで人気が出てきています。

布ナプキンの洗濯、洗い方ですが、合成洗剤や合成の漂白剤は肌の為には避けた方が良いです。色々な洗い方パターンがあるのですが、「重曹」を利用される方法の方も多いです。基本的には石鹸でのこすり洗いをし、その後、重曹液を利用しバケツ内等で半日程度浸しておき、その後、手洗いですすぎ洗いすればOKです。

「重曹」の知識につきましては、以下に大事な事がまとめてありますので参考にしてくださいね。
http://co0.sakura.ne.jp/jyuusousoujitukaikata/
布ナプキンをシルクやネルの布なども含め、ハンドメイドで手作りする場合の作り方で多くの方が不安になるのが防水性です。夜も心配ですよね。しかし、この問題は防水布を使用することにより解決します。防水布(生地)は通常、完全に水を通さない加工が施されていますので安心です。楽天などでも販売していますが、防水生地で手作りする場合の糸や針は一般のご家庭にあるミシン針やミシン糸で比較的簡単に制作可能です。

生理用品である布ナプキンを購入する場合に最近ではランキングサイトなどを利用し判断する方も多いのですが、これは意外と賢い方法ですよね。みんなが良いと認めている証拠にもなりますから。しかし、値段が安くて激安でランキングに入っている場合もありますので注意が必要です。やはりしっかりとした品質の製品を選ぶことが肌のトラブルを防ぐ為にも必要です。

人気で多く売れているのは冒頭でご紹介しました、フェリシモや白うさぎ、そして、ブルーベル、続いて無印良品、フェアリー、アメリで扱っている「すいーとこっとん」と「touta(トゥータ)」、白うさぎ、Be cloth 布ナプキンライナー、地球洗い隊の布ナプSunnyDays(サニーデイズ)、Wemoon ウィムーン、SORA、ノラ、サニーデイズ、Wemoon、アンダンテ、bluebell、Be cloth(ビークロス) 、メイドインアースなどブランドが沢山ありますが、自分に一番合った柄や製品を選びましょう。

ショップや通販、カタログ販売などでも手に入ります。例えば有名どころでは、東京都の布ナプキン専門店シトロンさんや、京都市下京区にある布ナプキン「月のやさしさ」などです。尚、千趣会ベルメゾンや楽天などでも、布ナプキンのセットや、巾着、ハンカチ、ポーチなども一緒に購入すると良いでしょう。またセールをおこなっている場合もありますので、品質の良いものを安い価格で手にいれると良いですね。

布ナプキンを使用するようになってから、生理痛が軽くなったという声が多く聞かれます。今まで石油系の化学製品を使用していた方が「かぶれ」もなくなり、生理痛まで軽くなると言えば、一石二丁ですよね。生理痛が軽くなる原因は、布ナプキンにすることによる暖かさ、保温性にあるとも言われています。女性は冷え性の方も多いです。保温性が良くなりますので血流も良くなる結果になりますので、体の健康にも非常に良いですよね。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

布ナプキン:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/nunonapukinn/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。