にきびや、にきび跡を治す方法には様々な方法があります。にきびや吹き出物を治す治療・対策改善方法も種類も豊富で、にきび痕(跡・クレーター)に利用するケミカルピーリングや、他、サプリメント、化粧品・化粧水でのスキンケア、漢方薬、治療薬、思春期に多いこのにきびですが、にきび潰しを行うと膿になり赤みやにきび跡に色素沈着する場合がありますから注意して、もっとも適切な治療を行いましょう。

スポンサードリンク

にきび治す方法

にきびは、大人にきびや、背中にきび白・赤・黒ニキビなど、色々ありますが、簡単にすぐ治す裏技のようなものはありませんので、一日で早く治そうと思わず徐々ある程度の時間をかけて治していきます。

自分で治す場合は、ケミカルピーリングや食事療法などあります。にきび痕に効果のあるケミカルピーリングですが、かなり以前からにきび治療に取り入れられている安全な方法です。

しかし、この治療は自分でも一般販売されている市販品で出来ますが、やはり専門の皮膚科や美容整形外科、美容形成外科、クリニックで行った方がしっかりとしたピーリング治療が行えます。といいますのはエステサロンが使用しているものや、自分で市販品を購入したものは、その薬品の強さが弱いからです。

知り合いの美容整形で働いている方に、この専門のピーリング液を以前、わけてもらったことがあります。言われて通りに自分で施術しましたら、やはりもの凄い効果があり、かなり早く治りました。
また、シミなどもかなり綺麗に取れ、やはり一般の市販品とは違うことに本当に驚きました。

ケミカルピーリングとは、直訳しますと薬品により皮を剥がすという意味です。肌にフルーツ酸と呼ばれる薬品を塗り、角層の一部を取り除く治療方法です。このケミカルピーリング治療では、皮膚の再生を促すことが可能で、にきびやシミ、小じわなどの改善が期待できます。

尚、美容整形外科、美容形成外科、クリニックでは、にきび跡の凹凸(クレーター)や赤み、色素沈着痕、その後のケアなどもしてくれます。女性の方は、化粧品や化粧水、ファンデーションなども、しっかりした製品を選ぶことも大切ですが、男性の場合でも、にきび対策には、化粧水などで肌の手入れもすることも大切です。

にきびになる原因も様々です。ストレスや食事など、内側からくるものもありますし、湿度も原因のひとつです。日頃からストレスを溜めないようにすることも大切です。散歩などの軽い運動も忘れないようにしましょう。

外食など脂肪の多い高カロリーの食事や、肉や甘い物を多く取らないようにし、生魚や生野菜、果物の摂取を増やし、水を「一日2リットル」は取るようにし、しっかり朝食を取り、夜更かしは避け、洗顔も毛穴までしっかりクレンジングするなど、普段の生活にも気を使いましょう。

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

にきび治す方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/nikibinaosuhouhou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。