マカ王と言えば、養蜂堂のマカ王ですね。養蜂堂のマカ王には、マカ、亜鉛酵母、各種ビタミン、コエンザイムQ10が配合されています。マカ王の女性モデル、キャンペーンガールは三咲舞花さんですが、イメージガールとして頑張って欲しいものです。マカ王は新聞などでもその画像には説得力があり口コミでも大変人気がありますね。

スポンサードリンク

マカ王

養蜂堂マカ王は、マカエキス、コエンザイムQ10などが配合されていますが、もともとマカは、南米のペルーが原産のアブラナ科の多年生植物であり球根野菜です。

今から約2000年前にすでにアンデス高地で栽培されており、 インカ帝国の時代には特権階級である貴族の食べ物として珍重されていました。戦勝をあげた戦士への褒賞として与えられたという言い伝えもあります。

現地ではマカを「アンデスの人参」と呼んでいますが、 私たち日本人が普段食する、米やトウモロコシ、小麦に勝る栄養成分を持ち合わせています。さらにこのマカには、アルギニン酸やリジンをはじめ、栄養に必須のアミノ酸が豊富に含まれています。

尚、鉄分とカルシウムの含有量はジャガイモを上回っておりまして、リノール酸やリノレン酸も含有されています。さらにカリウム、リン、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラル類も含まれており、まさに「栄養の缶詰」となっているのです。

かつてペルーの征服者、スペイン人が現地で行き詰まったのが、連れてきた馬の繁殖です。連れてきた馬は、交配して子供を作ることなく、次々に死んでしまう危機に瀕しました。

そこで、征服者であるスペイン人は、原住民の忠告に従い、馬の餌にマカを与えたところ、眼を見張る程の繁殖に成功し、「ペルーの薬用人参」と呼ぶようになったと伝えられています。

そのようにマカは長い間、現地の人に愛され続け、滋養食材として宝物のように重宝されてきました。マカの効果は、医学的にも研究され、マカの抽出物には持久力向上・抗疲労作用があることも明らかにされ、また、更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害にも効果的です。

マカは、マカ王のサイトにも記載されている通り、厳しい大自然の中で育ち、はるか昔から現地の人々に愛されてきたマカは、元気を求める現代人の強い見方なのです。

そして長い間現地の人のみに食されてきたこのマカは、現在では先進国の技術により、摂取しやすい形に変わり、私たちに供給されて続けていまます。

養蜂堂のマカ王には、マカはもちろんのこと、亜鉛酵母、各種ビタミン、コエンザイムQ10を配合しています。まさにマカ王は現代によみがえった、「栄養の缶詰」となっています。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

マカ王:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/makaou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。