印鑑作成

開運印鑑の作成について解説させて頂きたいと思います。電子印鑑につきましては前ページでも解説させて頂きました通りvector(ベクター)などのサイトからフリーソフト(無料ソフト)、フリーウェアなどを無料ダウンロードすれば作成できますし、社印や角印セキュリティ面など心配な場合はシャチハタなどしっかりした会社のものを利用するようにしましょう。電子印鑑にて開運印鑑というのは今の所聞いた事はないのですが、ゆくゆくは、アイデア次第で、そのような電子印鑑も販売されてくる時代もくるのかも知れません。開運の電子印鑑についてブレーンストーミングすれば良いアイデアが考えられて通販などで大ヒット商品になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

印鑑の材質なども豊富にありますが、ここからはチタンや象牙の開運印鑑についてや、印鑑登録、印鑑証明書などの話題に入りたいと思います。

印鑑販売の初期の頃から、象牙などの印鑑は非常に高価なものでした。その後、新聞広告や通販雑誌、そしてネット販売などに販売方法が移っていくに従い、印鑑の価格も昔に比べ、かなり激安になってきました。


通販などで印鑑を購入する場合、届くまでに時間かかる場合もあり、最近では、はんこ屋さんなど、即日のスピードで印鑑やゴム印、スタンプが出来る激安な印鑑ショップのチェーン店なども、ちらほらと街でみかけるようになってきました。

通販や新聞広告では実物の見本が見れないことから、やはり実店舗の場合は、実際に手に取って見ることができますから、その点、安心できます。いざ、印鑑ケースを購入しよううと思っても、やはり現物を見比べることができるのは実店舗ならではですよね。

印鑑販売の初期の頃は、個別訪問のセールスマン全盛時代がありました。戸別訪問の飛び込み営業では、経費やコミッションなどがかかりますので、その分、印鑑は今より高額だったと思います。

そう考えますと、現在の通販スタイルなどでは、経費や人件費が、その分浮いていますので、価格的にも良心的で格安な価格帯になってきたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

諸外国ではサインで済んだりしますが、私たち日本人の場合は印鑑はどうしても必要になっています。これは私たちの国の文化の一つです。海外の方、例えばアメリカ人などは、日本の文化について知りたがっています。

歴史的なもの、例えば刀剣やきもの、などもちろんですが、印鑑につきましても、これは日本が誇れる文化であります。諸外国の方と文化について話す機会があるときには、印鑑についても話題の一つにしても良いでしょう。

さて、私達は日々の暮らしの中で印鑑は必ず必要なものです。郵便物の受け取り、宅配便の受け取り、そして源泉徴収票、印鑑証明書、印鑑登録証のカードをもらう為の印鑑登録などです。

郵便物の受け取りや宅配便の受け取りなどでは簡易なシャチハタ、また、ダイソーなど百円均一などで購入した大量生産の安い印鑑でも構わないのですが、印鑑登録や銀行印などでは、そうはいきません。

履歴書の場合でも百円均一の三文判の印鑑で構いませんが、実印を登録する印鑑登録や印鑑届、銀行印の場合は、必ず手彫りの印鑑が必要になってきます。これはもちろん、同じものを作り、犯罪にも使われない為です。

innkannsakusei2.jpg

手彫りの印鑑の場合は、昔から象牙が主流ですが、黒水牛やチタン製でも構いません。象牙が高価な為、予算の都合がある方は、他の材質のもので代用可能なものにすれば良いのです。

手彫りの印鑑、会社印などは書体や字体にこだわられる方もいますが、基本的には多くの方が使われている書体や字体にするのが無難です。印鑑屋さんにいけば、そのようなことは教えてくれますので、相談しながら任せるのが一番良いでしょう。

通販の雑誌などで印鑑を見ていますと、意外と楽しいものがあります。それは最近の印鑑は、昔と比べ、おしゃれなものも多く、例えば苗字でなく、名前だけのものや、色とりどりのカード印鑑などです。

宅配便や郵便物の受け取りなど、普段で使う印鑑は、そのような楽しい、また、女性の場合でしたら、ディズニーの絵柄のあるものなど、おしゃれでかわいい印鑑を作成してもらって普段に使用しても良いですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

電子印鑑とフリーソフト:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/dennsiinnkann/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。