電子印鑑は、MS-WORD/EXCELなどの文書に日付印を電子的に押印出来る「フリーソフト」でエクセル電子印鑑(excel電子印鑑)や、電子印鑑パーソナル、スタンプポン、シヤチハタなど、無料でダウンロード出来るソフトから、有料のものまであります。印鑑の老舗【シヤチハタ】の電子印鑑「パソコン決済6の無償版」は、個人での利用を目的とした【無料】で利用可能な捺印用アプリケーションのフリーソフトです。

スポンサードリンク

電子印鑑とフリーソフト

ダウンロードフリー(無料)の電子印鑑とは、Vector(ベクター)や、窓の杜、ダウンロ-ド@nifty等で無料でダウンロードして作成可能になっているものです。
参考:
http://www.vector.co.jp/
http://www.forest.impress.co.jp/
http://www.nifty.com/download/

人気の高い順に掲載されているサイトもあります。人気の高いものは、やはり皆が使ってみて「良い」ものです。時間の節約にもなりますから、どのソフトにしようか悩む場合は、余程の用途が限られる場合を除き、「一番人気のあるソフト」を選べば間違いないでしょう。

Excel(エクセル)電子印鑑」は、苗字が4文字の方にも対応し、 丸型や小判型の認印・データーネーム印・ビジネス印に対応した電子印鑑ソフトです。

「kスタンプ」は、Excel及びWord(2000~2007)に対応している電子印鑑システムで、ビジネス:計算・表計算・グラフ:表計算:MS-Excel用になっています。

その他、「電子印鑑作成」:印鑑(姓のみ)をイメージデータ(8種類)で作成する、「Excel電子印鑑7種セット」:Excelシート上に右クリックで簡単に電子印鑑(ビジネス印、認印、日付入り認印、メッセージスタンプ)貼付(ビジネス:計算・表計算・グラフ:表計算:MS-Excel用)「電子印鑑ツク~ル」など、様々なフリーソフトが公開されています。

adobe社のAcrobat(アクロバット)の場合、Acrobat7.0で電子印鑑の作成方法は、スタンプツールのメニューにないオリジナル印鑑やスタンプを作成し、Acrobatで使用することができます。スタンプにする画像は、各種の画像ファイルの他、オフィスファイルやHTMLなど指定可能です。

尚、adobe社のAcrobatですが、「PDF」へのスタンプの追加は、通常の書面による文書に印鑑を押す場合と同様の方法で行えますから非常に便利です。

シヤチハタスタンプや押印した日時が自動的に反映されるダイナミックスタンプや、名前や部署名、電子メールアドレスなどといった、個人のユーザー情報を反映させた電子印鑑など、様々なスタンプを使用することが可能になっています。

また、「却下」や「採用」などを設定したり、電子印鑑を承認印として使用することも可能です。尚、adobe社のサイトでサンプルもダウンロード可能になっています。
参考:「ADOBE ACROBAT 活用ガイド - ACROBATを使ってみよう!」
http://www.acrobat-learning.com/use/06_02.html

会社で電子印鑑の導入される場合は、「法的」な事や「セキュリティ」「導入価格」なども心配になったり、気になることだと思います。

電子印鑑の導入される場合は、電子印鑑販売各社の担当に詳しく聞くか、販売サイトを良く見て「シャチハタ」など、老舗のしっかりした会社を選ぶことが大切でしょう。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

電子印鑑とフリーソフト:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/dennsiinnkann/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。