居酒屋と同じ生ビールをご家庭で楽しみたい方も最近では多くなってきています。生ビールサーバーは、家庭用からホシザキ ビールサーバー、キリンの樽生ビールサーバー、アサヒビールサーバー、ニットク生ビールサーバーなど、酒屋等の業務用まで色々なメーカーからビールサーバーが販売されています。業務用で購入される場合は厨房機器を取り扱う会社で手に入りますが、ご家庭で使われる方も本格的なビールサーバーを購入される方も最近では多いようです。シーズンになりますと品薄状態になったりするものもありますので早めに準備しても良いでしょう。

スポンサードリンク

ビールサーバー

ビールサーバーは、もちろん貸し出している業者もあります。結婚式の披露宴などでも使えます。また簡易で氷で保冷可能な氷冷式のビールサーバーで「タワーサーバー」などもあります。子ども会やパーティー・自宅の個室などでも簡単に使えますね。つぎかた(注ぎ方)も簡単です。

その他、サッポロや象印、東芝、タカラ、三洋、東京冷熱など様々な会社が販売していますが、白ひげくんなど、それぞれ独自の仕組みや特徴がありますし、寸法や価格ももちろん違いますので、購入し設置する前に色々と比較検討してみましょう。尚、ミニ樽、ランドセル型やショルダー型などもあります。

ビールサーバーや洗浄器は価格の安い中古のものもありますが、あまり古いものですとコック等の部品など、消耗品の保障期間の関係もありますし、取扱説明書がない場合は圧力など、正しい使い方もわからない場合もありますから注意が必要です。また炭酸のガスボンベなどのことも考慮する必要があります。

星崎電機のビールサーバーは人気がありますが、その他、東京冷熱、ニットク、三洋などの製品について説明します。ホシザキ、東京冷熱、三洋、ニットクのビールディスペンサーには、樽冷蔵式、瞬間冷却式、氷冷式があります。

「樽冷蔵式」は、卓上型と自立型の2種類があり、星崎電機、東京冷熱、三洋などが製品化しています。ディスペンサーの庫内にて樽全体を冷やし、ビールを注ぎ出す構造になっています。
樽が冷えていれば連続注出が可能です。ビールや炭酸ガスのロスも少なくなっています。

「瞬間冷却式」は、星崎電機製で卓上型になっていまして、着氷した冷媒配管の内側に、らせん状のビールコイルを走らせ、その場所を通るビールを冷やす構造になっています。常温の樽から注出可能です。しかし、販売量が冷却能力を上回りますと正常な抽出が不可能になります。

「氷冷式」は、ニットクや象印が出していますが、ボックス内のビールコイルを氷で冷やし、ビールを注ぎ出す構造になっています。氷冷式ですので電気の供給は不要です。氷の事前準備は必要です。重量も一番軽い象印が4キロ程度で、ニットクで一番重い製品は20キロ程度で小型ですので、男性の方でしたら一人で移動する時でも、さほど負担がかからないでしょう。

そういえば、ビールで思い出しましたが、バレンタインには、サンクトガーレン チョコレートビールが人気ですね。チョコレート風味の特別醸造ビールです。地ビール製造のサンクトガーレン有限会社が製造しています。

また、「ベルギービール」は、日本のビールとは全然違う、フルーティーな香りがして、とてもおいしいです。ベルギービールは、アルコール度数の高い濃色の上面発酵ビール「アビイビール」など様々な種類があります。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ビールサーバー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://co0.sakura.ne.jp/bi-rusa-ba/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。